お子さんの歯の健康、一緒に守っていきましょう!

歯が痛い・しみる/歯ぐきから血がでる

こんな症状にお悩みではないですか?

冷たいものがしみる 甘いものがしみる 歯が痛む 歯が変色している

それは虫歯かもしれません。

光安歯科で虫歯治療を受けてください

ブラッシングの際に出血する 起床時に口腔内がネバついている 口臭がある 歯ぐきが腫れている

それは歯周病かもしれません。

光安歯科で歯周病治療を受けてください

光安歯科の虫歯治療

虫歯イメージ

歯がしみる・痛む・変色しているといった症状がある場合は、虫歯になっている可能性が高いです。虫歯は放置していると進行していくばかりで、風邪のように自然に治ることはありません。お口の中の異変に気付いたら、お早めにご来院ください。

虫歯の原因

虫歯には以下のような4つの原因があるといわれています。

1 虫歯菌 虫歯菌(ミュータンス菌など)が酸をつくり、歯を溶かしていきます。 2 糖分 食べかすの中の糖分を栄養とし、虫歯菌が酸を産生します。 3 歯の質 歯質によって、虫歯になりやすい人・なりにくい人がいます。 4 ブラッシングまでの時間 糖分が長時間口腔内にとどまっていると、虫歯になるリスクは高まっていきます。

進行段階別~虫歯の治療方法~

C0 : ごく初期の虫歯

ごく初期の虫歯のイメージ

適切なブラッシングやフッ素塗布で治癒することがあります。

C1 : エナメル質の虫歯

エナメル質の虫歯のイメージ

虫歯部分を削った後、詰め物をします。

C2 : 象牙質に達する虫歯

象牙質に達する虫歯のイメージ

虫歯部分を削った後、詰め物をします。

C3 : 神経に達する虫歯

神経に達する虫歯のイメージ

根管治療を行います。神経を除去し薬剤を詰め、被せ物をします。

C4 : 歯根に達する虫歯

歯根に達する虫歯のイメージ

ほとんどの場合で抜歯となります。

根管治療について

根幹治療イメージ

重度の虫歯になり、神経まで冒されている場合は根管治療が必要になります。根管治療は、抜歯を避け、自身の歯を残すための最終手段。治療は、以下のような器具・材料を用いて行います。

・ルーペ
肉眼では確認しづらい部分を拡大して見るための道具です。治療精度を高めるためには欠かせません。
・ニッケルチタンファイル
複雑な形状の根管内にスペースを確保するために使う器具です。
・支台(コア)
被せ物をする際に必要な歯の支台(コア)。このコアがしっかり設置されているかどうかで治療結果が左右されます。当院ではコアの素材にこだわり、設置手技にも細心の注意を払っています。
虫歯治療後はメインテナンスを

虫歯は再発のリスクが高い病気。治ったからといって安心してはいけません。ご自宅でのブラッシングとともに、歯科医院で定期健診を受けて健康な歯を維持していきましょう。

光安歯科の歯周病治療

歯周病イメージ

歯周病は日本人(成人)の約8割がかかっている、もしくは予備軍であるといわれる病気。にもかかわらず自覚している人が少ないのは、歯周病は初期症状が薄く、知らない間に進行していく怖い病気だからです。少しでも異常を感じたら、早めに歯科医院で検査を受けるようにしましょう。光安歯科では、定期健診を通して歯周病の予防、早期発見・早期治療に努めています。

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病は以下にあるとおり、口腔内だけの問題にとどまりません。悪化する前に治療することが大切です。

1 肺炎 歯周病菌が肺に侵入することで、肺炎を引き起こす恐れがあります。 2 循環器疾患 歯周病菌によって血管内に血栓ができると、心筋梗塞・狭心症を起こすことがあります。 3 糖尿病 歯周病が糖尿病を悪化させる原因になることが分かっています。また、糖尿病で免疫力が低下している人は、歯周病にかかりやすい傾向にあります。4 早産・低体重児出産 歯周病菌によって子宮収縮を起こすことがあり、早産・低体重児出産のリスクが高まります。

歯周病治療

入念な検査・診断の後、歯周病の進行状況や症状に合った最適な治療を行っていきます。

検査1

レントゲン撮影、写真撮影、ポケット測定、動揺度の検査など、必要に応じて色々な検査をし、治療前のお口の中の状態を調べます。

↓

スケーリング

スケーリングイメージ

歯の表面に付いている歯石、浅いポケットの中の歯石を取ります。

↓

検査2

一通り歯石を取ったらもう一度ポケットの測定、動揺度の検査をし、表面の歯石を取り終えて歯ぐきに変化があったかを検査します。

↓

SRP

SRPイメージ

ポケットの深かった部分は、歯の根っこについている歯石や汚れを除去します。

↓

検査3

お口の中全体のお掃除が終ったあと、初診時と比べてどれくらい改善されたかをチェックするため、もう一度ポケット測定、動揺度の検査をします。

↓

歯周外科

歯周外科イメージ

必要に応じて、歯ぐきを切開し根っこの部分を徹底的にきれいにします。

歯周病治療後はメインテナンスを

虫歯と同様に、歯周病も再発のリスクが高い病気です。治ったからといって安心するのではなく、今まで以上に気を引き締めてケアに取り組みましょう。毎日の適切なブラッシングと歯科医院での定期健診が、理想的な口腔内環境を維持していくための基本になります。

このページのトップへ