お子さんの歯の健康、一緒に守っていきましょう!

自宅でできる予防歯科

ホームケアをもっと楽しく、もっと効果的に

仕上げ磨きをマスターしましょう!

親子のイメージ

お子さんが一人で上手にブラッシングできるようになるまでは、親御さんの仕上げ磨きが欠かせません。ぜひ、毎日の習慣にしていただきたいと思います。特に、奥歯の咬み合わせの箇所や、歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間などは磨き残しやすい場所。注意して磨いてあげましょう。

仕上げ磨きのポイント
歯ブラシは? ヘッドが小さめで奥歯まで磨けるコンパクトなものを選びましょう。
鉛筆と同じ持ち方で軽く握る 力任せにゴシゴシ磨かず、軽く握ってやさしく磨きましょう。
唇を無理に押し広げない 歯ブラシがうまく当たらず、ついつい唇をグイッと押し上げていませんか? 力が強いと、お子さんは痛くて嫌がりますし、仕上げ磨きそのものが嫌になってしまうこともあります。そっと唇を押し上げて、歯ブラシの当たり具合を見ながら磨きましょう。
磨く順番も大切 前歯の近くは敏感なので、触られるのを嫌がるお子さんもいます。感覚の鈍い下の奥歯→上の奥歯→下の前歯→上の前歯の順に磨いていくと抵抗が少ないと思います。
頭を膝に乗せて安定させて お口の中がよく見えるのは寝かせた姿勢。お子さんの頭を膝に乗せて磨くと、両手が使えるので便利です。
ブラッシングを嫌がるときは
みがき遊び お子さんに歯ブラシを持たせてあげて、大人と一緒に磨きましょう!
痛くしない ガーゼで拭く→ゴム歯ブラシ→歯ブラシの順に使ってみましょう!
歌いながら 楽しい雰囲気で、終わったらうんとほめてあげましょう!
少しずつでも なるべく機嫌のいいときに。嫌がるときは一部分だけでもよいのでしっかり磨きましょう。1日で全体がきれいになればよいのです。

歯ブラシ以外のアイテムも活用しましょう!

チェックアップジェル

Check-Up gel【チェックアップジェル】

虫歯になりやすいお子さんなどにおすすめ! いつものブラッシングに加えて使用するジェルです。研磨剤が入っていないので、普段のブラッシングの後にお使いください。

フレーバーは、バナナ・レモンティー・グレープ・ピーチの4種類。バナナ味は他のものよりもフッ素の濃度が薄いので、3~6歳くらいの大人の歯がまだ生えてきていない年齢のお子さんにお使いください。

効果的な使用法

1.歯ブラシと同じ長さにCheck-Up gelをのせる。2.口腔内をしっかりブラッシング3.ブラッシング後、軽く吐き出し、洗口は1回だけ。 STEP1 ブラッシング後、歯みがき剤を吐き出す。 STEP2 すすぎの水約15ml(大さじ1)をはかる。 STEP3 約5秒間、1回、口をすすぐ。

子供用歯ブラシ

子供用歯ブラシ

お口の中の状態に合わせて選択できるよう、0~6歳向けの乳幼児用、5~9歳のお子様用、8~12歳のお子様用、仕上げ磨き用の4つのサイズをご用意しています。スリムなネックにコンパクトなヘッド、しっかり握れて磨きやすい太めのハンドルなのでおすすめです。

子供用フロス

子供用フロス

歯と歯の間をお掃除するのに効果的な子供用のフロスです。子供が遊んでも危険が少ないよう、とがった部分や角を最小限に抑え、かわいいキャラクターでカバーしました。ホルダーは乳歯に合う小さめのサイズです。仕上げ磨きの際に、ぜひお使いください。

このページのトップへ