お子さんの歯の健康、一緒に守っていきましょう!

子供を歯医者嫌いにさせないために

小さな頃から歯医者に親しみましょう!

歯ブラシを持ったキャラクター

子供がいったん歯医者に対して苦手意識や嫌悪感を抱くようになってしまうと、なかなか歯科医院に足を運んでくれなくなります。それは結局、メインテナンス不足を招き、虫歯になりやすい状況をつくり、お子さんにつらい思いをさせることになってしまうのです。

歯医者に行くことが子供と親、双方のメリットとなるように、まずはお子さんが歯医者を嫌いにならないような工夫をすることから始めてみましょう。

歯医者に行く前に注意すること

お子さんが嫌いにならない歯医者さんを見つける

子供が落ち着けるような雰囲気があり、小児歯科に力を入れている医院を選ぶようにしましょう。お子さんが歯医者に行くのが楽しみになるような工夫をしている医院がいいですね。

歯医者に対してネガティブな発言をしない

歯医者に行く前から「歯医者は怖い」「痛いことをする」などと言わないようにしましょう。マイナスイメージを持つ場所に子供は決して行きたがりません。

歯医者に行くことによるメリットを説明する

子供は、今の歯の健康が将来の健康にもつながるということをイメージしにくいもの。そのため、「歯医者に行くとおいしいご飯が食べられる」など、分かりやすいメリットを説明すると良いでしょう。

光安歯科の取り組み

ひまわりを持ったキャラクター

当院では、お子さんに対していきなり治療を始めるようなことはせず、十分にコミュニケーションを重ね、徐々にトレーニングをしてから治療を行っていきます。もちろん「押さえ付ける」なんてことはありませんのでご安心ください。

診療後にお渡ししているご褒美を楽しみに、定期検診に通ってくれるお子さんもたくさんいらっしゃいます。

治療後に注意すること

お子さんとコミュニケーションをとる

「お口の具合はどう?」などと普段から口腔内の状態を気にかけてみたり、「歯が健康なのは良いことなんだよ」というように、予防への意識を高めるような会話をしたりすることが大切です。

気になることがあったら歯医者に相談する

お子さんからの訴えに耳を傾け、実際に目で見て、気になることがあったら治療を受けた歯科医院に相談するようにしましょう。

光安歯科からのメッセージ

家族で歯磨き

また、親御さんには十分に治療内容をご説明するのはもちろんですが、同様にお子さんとのコミュニケーションも重視しています。

子供の歯を長期的な観点で守っていく当院の取り組みが、小学生のお子さんを対象にした「にこにこキッズクラブ」です。フッ素塗布だけでなく、歯磨きの練習や生え替わりの時期の写真撮・レントゲン撮影も年会費に含まれています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ